紬の着物が似合わない私が考えたコーディネート
0

    JUGEMテーマ:普段着物のお話

    JUGEMテーマ:着物の着付け教室

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    昔から憧れている着物の一つが「紬の着物」です。

     

    「着ればよいのでは・・・」と思われるかもしれませんが、

     

    ちょっと難しいのです。

     

    なぜなら、似合わないから。

     

    洋服にも似合う、似合わないがあるように、着物にもあるのです。

     

    着物は形は同じなので、似合うかどうかを決める要素は、

     

    色、生地の質感、柄ということになります。

     

     

     

    私は、カラー診断では「サマー」で、ブルー系とピンク系が得意です。

     

    くすみの色は似合いません。

     

    生地の質感は、綿や麻などの艶のない天然素材は似合わず、

     

    テロンとした艶のあるものが似合います。

     

    薄すぎる生地も厚すぎる生地もダメで

     

    程よい厚みのあるものがベストです。

     

    柄は、曲線が使われている柄が似合い、直線的な柄は似合いません。

     

    花柄は曖昧な感じなものがよいのです。

     

    洋服はいつもこのように選んでいます。

     

     

     

    この条件を着物に当てはめてみると

     

    艶のある柔らかものは似合いますが、

     

    ざっくりした風合いの艶のない紬は難しいということになります。

     

    でもやはり紬の着物には憧れます。

     

    特に泥染めの渋い色の大島紬や藍色の結城紬は、

     

    いつか着てみたいと思っていました。

     

     

    藍色は似合う色ですが、結城紬はざっくりしていて

     

    一見綿ぽく見えるので、私には難しいかしら。

     

    大島紬は艶々なので、もしかしたら大丈夫かも。

     

    ところが、やはり黒大島はどうやっても似合わないのです。

     

    肌の艶が失せて、とっても地味に見えます。

     

    これを似合う方が着るとお肌は艶々に見えるし、

     

    決して地味に見えないのです。

     

     

     

    そこで、こちら。

    藍色の大島紬です。

     

    とても艶がある生地なので私にも大丈夫そう。

     

    また私にも似合う藍色と水色、白の組み合わせはベストカラーです。

     

     

    一元式で細かい模様です。

     

     

    優しい色合いの博多帯・帯締め・帯揚げで。

     

     

    柄も直線が強くないので良い感じ。

     

     

    博多織の帯は薄いライトグレーの地色です。

     

     

    裏地の赤がアクセント。

     

     

    赤の裏地は少しレトロな感じがしますが、それも味わいかと思います。

     

    洗い張りなどの機会があれば、カラーチェンジするのも楽しいですね。

     

    ライトグレーとかごく淡いブルーグレーなど

     

    少しクールな色を試してみたい気分です。

     

     

     

    バッグはこんな感じ。

     

    これも着物用のバッグではありませんが、

     

    竹の持ち手が着物と好相性。

     

    洋服にも着物にも合うバッグはとても便利です。

     

     

     

    袷の季節になったら今年こそ、このコーディネートで

     

    紬を着てみようと思います。

     

     

     

    似合う着物の色や柄、生地について知りたい方はご相談ください。

     

     

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | 着物コーディネート | 22:08 | - | - |