着物で軽井沢!だったとしたら・・・
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    JUGEMテーマ:着物の着付け教室

    JUGEMテーマ:軽井沢

    JUGEMテーマ:刺繍

    前回・前々回のブログで軽井沢の小旅行の様子をお伝えしました。

     

    今回は愛犬りらを連れての初めての旅行だったので、

     

    残念ながら「着物で軽井沢!」とはなりませんでした。

     

    でも、軽井沢の素敵な街並みや自然に触れて

     

    もし着物だったら・・・という想像をふくらませてみました。

     

     

     

    今回は、この着物。単衣の江戸小紋(サメ小紋)です。

     

    淡い空色の地に白のサメ模様がさわやかな印象の着物です。

     

     

     

     

     

    合わせたのは祖母の形見の名古屋帯です。

     

    単衣の時期はまだ夏の名残で暑さも残っていますから、

     

    軽い印象の帯がよいですね。

     

    帯揚げは、ライトグレー。帯締めは深い紫色です。

     

    帯の柄が細かいので、帯揚げ・帯締めともにシンプルなものを。

     

     

     

     

    バッグはへび革のメッシュです。

     

    特に着物用のバッグというわけではありません。

     

    洋装の時も使用しますが、べっこうの部分がアクセントになっていて、

     

    和装にもよく合います。

     

    少し涼しげな雰囲気になるでしょうか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    旅行でなければ、このような日本刺繍のバッグを合わせてもよいかも。

     

     

     

     

    自分で日本刺繍を施しました。

     

    生地は帯の裏地を使っています。袋帯の無地の部分の生地です。

     

    絹のやわらかい艶があります。持ち手は本革です。

     

    色はライトグレーで、どんな色の着物にもコーディネートしやすいです。

     

     

     

       

     

       

    季節の花々が刺繍されているので、真夏以外は使えます。

     

    左上=萩、右上=牡丹、左下=桜と菊、右下=撫子とあやめ(裏面)です。

     

    こちらのバッグは日本刺繍ですが、小ぶりのトートバッグなので

     

    あまりかしこまらずに使うことができます。

     

    江戸小紋のシンプルで上品な感じと相性がよいと思います。

     

     

     

    江戸小紋は遠目には無地に見えるほど、主張しない着物なので

     

    帯次第で様々なコーディネートができる便利な着物です。

     

    フォーマルな袋帯を合わせれば、結婚披露宴もOKです。

     

    単衣の時期は短いので、着物の枚数もそれほどは必要ないとお考えでしたら、

     

    カジュアルからフォーマルまで幅広く活用できる江戸小紋は便利です。

     

     

     

    今回のコーディネート、軽井沢のさわやかな風を連想させるようなものに

     

    なっているとよいのですが・・・。

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | 着物コーディネート | 20:08 | - | - |