「着付け教室なのに」と思われるかもしれない着付け教室
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    JUGEMテーマ:着物の着付け教室

    着付け教室ってどんなイメージかしら?

     

    と、ふと思いました。

     

    やはり和室で畳の上でというイメージでしょうか。

     

     

     

    ですが、我が家には和室が一つもないのです。

     

    家を建てた時はリビングの横にあったのです。

     

    このような普通の和室が。

     

     

     

    でも、今のこの部屋は、こうです。

    すっかり洋風。

     

    もうずいぶん前ですが柱も見えないように

     

    和室から洋間にリフォームしてもらいました。

     

    床も畳からフローリングに。

     

    リビングからバリアフリーでつながっています。

     

     

     

    そうです。着付け教室なのにと思われるかもしれませんが、

     

    花の衣®着付け教室は、洋風の空間でレッスンを行なっています。

     

    だから畳に正座ではなく椅子におかけいただきます。

     

    膝が悪い生徒さんもいらっしゃるので

     

    正座より楽かもしれません。

     

     

     

    鏡も姿見などではなくシンプルなのが一つと

     

    もう一つは、思いっきりゴールド。

     

     

     

    こちらも洋風。

     

    私だって華道の看板も持っているし

     

    和風の花器だって剣山だってあるのですよ〜(*^^*)

     

    でもなぜか洋花。

     

     

     

    ウォークマンで音楽も流します。

     

    クラッシックや癒しの音楽です。

     

    レッスン終盤になるとちょっと激しい音楽になり

     

    皆さんスピードアップしている様子。

     

     

     

    床はフローリングの上にイグサマットを敷いています。

     

    床はやはり畳っぽいほうが裾合わせがしやすい感じがして。

     

    「えっ?そこだけ?」という声が聞こえてきそうです。

     

     

     

    どうしてこうなったかというと

     

    ‐は汚れやすいのが気になった。

     

    普段の暮らしと同じ環境で着物を着たほうが自然。

     

    例えば着付け小物を床に置いておくより、

     

    ソファーや椅子に置いたほうが楽に着られます。

     

    「楽に着る」でよいのでは。

     

    テーブルがあると便利。

     

    テーブルは半襟を付ける、補整を作るなどの作業の時もとても楽。

     

    立ったり座ったりしなくてよいので、膝の悪い方も全く問題なく習えます。

     

     

     

    「着物はこうでなければならない」という思い込みは捨てて

     

    普通に自然に着物を楽しんでいただきたいと思うのです。

     

    現代に合った楽しみ方でよいのではないでしょうか。

     

    もうすぐ涼しくなり着物にぴったりの季節になります。

     

    今からワクワクしています。

     

     

    なお、インテリアはもっと素敵にしたいと思っています。

     

    模様替えをしたらまたご紹介いたします。

     

    今日はありのままの花の衣®着付け教室をご覧いただきました。

     

    失礼いたしました。

     

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | 着付け教室 | 15:53 | - | - |