裾除けの第2の人生
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    JUGEMテーマ:手作り服

    ここ数日は少ししのぎやすい日々でしたが

     

    それでもまだ残暑が厳しいですね。

     

    まだまだ夏気分の私は、

     

    綿の白いサッカー地で、マキシ丈ワンピースを手作りしました。

     

     

     

    スタッフのYちゃんにプレゼントしました。

     

    サッカー地は凹凸があるので、さらっとしていて夏にはもってこいです。

     

    少しハイウエスト気味にし、ゴムでシャーリングしてみました。

     

    カラフルなかごバッグとつばの広い帽子、花柄のサンダルと

     

    リゾート感いっぱいのコーディネートで試着してくれたYちゃん。

     

    とても気に入ってくれたようです(#^^#)

     

     

     

    さてさて、今日の本題はここからです。

     

    このような白いワンピースだと透け感が気になります。

     

    裏地はべとつくし、市販のペチコートでは長さが足りません。

     

     

     

    そこで、こちらも手作りしてみました。

     

    マキシ丈のペチコート。

     

    何かどこかで見覚えがあるような・・・。

     

    着物を着る方ならそう思われたかもしれません。

     

     

     

    そうです。裾除けをリメークしたものなのです。

     

    裾除けなら長さが十分にありますし、端の始末もしなくてよい、

     

    何より、裾さばきがとてもよい!

     

    よいことずくめです。

     

    ウエスト周りのさらしの部分を敢えて残しました。

     

    汗をかく部分ですから綿素材は気持ちがよいかも。

     

    広めの三つ折りで、パジャマ用のゴムを通しました。

     

     

     

    この裾除けは、もう10年以上使ったもので、

     

    部分的にほつれたり、裾が擦り切れたりしたものです。

     

    でも傷んだところは使わず、

     

    裾は三つ折りしてミシンをかけてしまえば大丈夫。

     

    裾除けは「第二の人生」を立派に歩き始めました。

     

     

     

    考えてみれば着物も汚れたら洗い張りをして

     

    また仕立て直したり、

     

    汚れた部分は見えないところに使ったり、

     

    全く別のサイズに作り替えができたりと

     

    とってもエコな衣類。

     

    裾除けだってとことん使い尽くしてあげたいです。

     

     

     

    さらさらした裾さばきの良さと

     

    ストンと下に落ちるシルエットのきれいさは

     

    裾除けだからこそかもしれません。

     

    ワンピースを重ねた時のシルエットも断然きれいです。

     

     

     

    ちなみにワンピースは1.5メートル幅の布1.5メートルで作った

     

    超簡単ソーイングです。

     

    型紙はなく、布の裏に直接作図しました。

     

    きものと同じで何でも自由に楽しむ私です。

     

     

     

    花の衣®着付け教室

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | きもの・着付け あれこれ | 21:19 | - | - |