9月の着物コーディネート この着物はちょっと手強い
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

     

    8月もあと1週間で終わりです。

     

    9月になれば夏の着物(薄物)から単衣に衣替えです。

     

    単衣というのは、表地は袷と同じで、裏地の付いていない着物のことです。

     

     

     

    今日は単衣のコーディネートを考えてみました。

     

    使うのは、この着物。

     

    単衣の江戸小紋です。文様は「ねじり梅」

     

    5个らいの小さい梅が規則正しく並んでいます。

     

    色は黒に近い濃紺です。

     

     

     

    この着物、シンプルなのでコーディネートしやすそうですが

     

    合わせてみると意外に難しい!

     

     

     

    2通りのコーディネートを組んでみました。

     

    まずは、これ。

     

     

    黒の八寸帯に白とシルバーの三分紐。

     

    これだけでは寂しいので帯揚げは薄いピンクにしてみました。

     

     

     

     

    帯の菊の模様が秋を先取りという感じでよいかも。

     

    でも実際この帯は秋だけでなく、春も冬も使えます。

     

    写実的な菊ではなく文様化された菊だからです。

     

    着物のねじり梅の文様も然りです。

     

    三分紐は、シルバーのラインが気に入っています。

     

     

     

    バッグは自分で日本刺繍をしたものです。

     

     

     

     

    次のコーディネートはこちら。

     

     

    同じ着物なのに合わせるもので全く別の表情になります。

     

    帯揚げは写真ではよく見えませんが、黄色から緑のグラデーションです。

     

     

     

    バッグはがま口タイプです。

     

    意外と収納力があります。

     

    特に着物用ということではないのですが、

     

    私は、カジュアルな着物の時に使っています。

     

     

    単衣の季節と言っても、9月はまだまだ残暑が厳しいですね。

     

    早く涼しくなるとよいのですが・・・。

     

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | 着物コーディネート | 21:52 | - | - |