着付け小物の選び方・使い方 お太鼓枕(帯枕)篇
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    前回に続き着付け小物の選び方をお伝えします。

     

    今日は帯枕についてです。

     

    帯枕と一口に言っても様々な種類があります。

     

    ,太鼓枕(名古屋帯のお太鼓・袋帯の二重太鼓など)

     

    ▲魯泪哀蠏燭亮蠏襪嗚蹇平饗気両り結び)

     

    J幻頬蹇並淆咾諒幻坊襪咫

     

    ぅ潺頬蹇僻症帯用)

     

    ゲ良枕(お太鼓・二重太鼓・飾り結び)

     

    などです。それぞれの帯結びに適した形になっています。

     

    今回は,里太鼓枕をご紹介します。

     

     

     

    お太鼓枕です。

     

     

    横から見ると高さの感じがわかるでしょうか。

     

    幅、厚み、上部のカーブは様々です。

     

    一般的に若い方のほうが、大きめで厚い枕を使います。

     

    横幅が大きいほうがシャキッとした感じのお太鼓になり、

     

    横幅が狭いと両脇が下にカーブし、なだらかな女性らしいお太鼓になります。

     

    お好みで選んでください。

     

     

     

    写真を見ると両脇から紐が出ていますが、

     

    不安定になるので、私はこれを使いません。

     

    かわりにこのような筒状の枕用ガーゼを使います。

     

    紐はたたんでしまい、この筒の中に枕を入れます。

     

    線ではなく面で押さえるので、紐を結ぶよりも安定します。

     

    このガーゼは1.5メートルほどの長さで、

     

    布地がバイアス(斜め)になっているため、適度な伸縮があり

     

    枕が背中に大変よくフィットします。

     

    薬局で売っている医療用ガーゼや、呉服屋さんで売っている着付け用ガーゼを

     

    1.5メートルに切ったもので枕を包んでもよいのですが、

     

    このバイアスのフィット感には及びません。

     

    ただしバイアスでなくても紐よりはずっとフィットします。

     

     

     

    この帯枕用ガーゼには真ん中に枕を入れるための穴が開いているものもあります。

     

    こちらはお太鼓枕、改良枕に共通して使えます。

     

     

     

    ストッキングの素材のようなものでくるまれて帯枕もありますが

     

    これはお勧めできません。

     

    背中にフィットさせようと引っ張ると

     

    とても柔らかい素材なので伸びて紐状になってしまいます。

     

    これでは安定しませんし、体にくい込んで苦しくなってしまいます。

     

    ストッキング素材のものを外して、枕用ガーゼに入れてお使いください。

     

     

     

    帯枕を背中につけた後は、帯枕のガーゼだけを前に持ってきて

     

    体の脇で短く持ってぎゅっと前に引きます。

     

    そうすることによってお太鼓のなだらかな美しいカーブが出ますので

     

    お試しくださいね。

     

     

     

    お太鼓カーブは、このような感じです。

     

    写真の撮り方で上半分が大きく写ってしまいましたが、

     

    たれ先は7センチくらいです。

     

     

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | きもの・着付け あれこれ | 20:11 | - | - |