着付け小物の選び方・使い方 伊達締めと腰ひも・ウエストベルト篇
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

     

    着物を着るには、着物・帯・長襦袢の他に

     

    着付け小物と言われている様々なお道具が必要です。

     

    「いろいろな種類があり、どれを買ったらよいかわからなくて」

     

    という声を聞きます。

     

    今日は、これから着付けを習おうと思っていらっしゃる方や

     

    着付け小物の使い勝手を知りたい方に

     

    実際に使用してみた感想をお伝えします。

     

    あくまでも私個人の感想ですので、参考程度にお読みください。

     

     

     

    まずは伊達締めです。

     

    長襦袢や着物の胸元を紐などで留めた後、使います。

     

    様々な種類がありますが代表的なもの3種類をご紹介します。

     

     

    博多織の伊達締め。

     

    博多織は薄くて張りがあるのでしっかり締めることができます。

     

    色柄も様々あり楽しいですね。

     

    白くて見づらく申し訳ございません。

     

    後ろは下側になった方をきちんと折り上げて、平らになるように使います。

     

     

     

     

    こちらはポリエステル製の伊達締め。

     

    中央に少しかたい芯が入っています。

     

    こちらは滑る感じがしてやや使いづらいように思います。

     

     

     

     

     

     

    私は、こちらの脇がゴムシャーリングになっているものを愛用しています。

     

    使用する時は、脇のゴムの部分だけを十分に伸ばし、

     

    あとは締めないようにします。

     

    ゴムの力で強力に留まるのにすごく楽です。

     

    使ってみるとわかるのですが、

     

    しっかり留めたいところにゴムがあり非常に合理的です。

     

    使うときは、ゴムを十分伸ばすこと、

     

    後ろは、なるべく幅広く、ひも状ではなく帯状に使うよう気をつけます。

     

     

     

    この他にもマジックテープ式の物もありますね。

     

    こちらはマジックテープが弱まると、全く機能を果たさないので注意しましょう。

     

    また、なるべく幅の広いものを選びましょう。

     

    圧力が分散して楽に着られます。

     

     

     

    これらを考えるとお勧め順は

     

    脇ゴムシャーリングの伊達締め→博多織の伊達締め→ポリエステル製・マジックテープ式

     

    となります。

     

     

     

     

    次は、着物の腰回りは何を使うかです。

     

    昔ながらの腰ひもか

     

    ゴムに金具がついたウエストベルトか。

     

     

    腰ひもを使うなら滑らないモスリン製が断然お勧めです。

     

    モスリンというのはウールのことです。

     

    ただ、腰ひもを使う場合は、前中心にひもの中央をあて

     

    後ろに回して、交差させたところでギューッと結ばなければなりません。

     

    着付けではひもはきつく締めてはいけませんが、

     

    ここだけは別なのです。

     

    腰ひもがゆるいとすぐに着崩れてしまいます。

     

    自分のウエストをひもできつく締めるのは結構大変です。

     

    自分は可愛いですからね(笑)

     

     

     

    私はウエストベルトを愛用しています。

     

    ゴムの力で留まりますし、裏が滑り止めになっているので、

     

    腰ひもほどギューッと締める必要がありません。

     

    ウエストベルトの良いところは、ウエスト周りのしわが

     

    ひもを締めた時より少ないことです。

     

    ひもは強く締めますから、どうしてもしわが多く寄ります。

     

    当然、これらのしわはきれいに直さないといけませんから、

     

    ウエストベルトのほうが楽ということになります。

     

     

     

    ウエストベルトの注意点は、金具を下から上にかけることです。

     

    上から下にかけていると外れやすくなります。

     

    また裏の滑り止めを効果的に使いたいので

     

    裏返ってしまわないよう注意します。

     

     

     

    ウエストベルトは細いところに動きやすいので

     

    初めからウエストの一番細い部分にかけてください。

     

    ウエストベルトの位置が着ているうちにずれて

     

    着崩れることを避けることができます。

     

     

     

    着物の丈が短いから、腰ひもを少し下に締めたいというような場合は

     

    ウエストベルトではなく腰ひもを使いましょう。

     

    腰ひものほうが体に食い込むので位置がずれにくいのです。

     

     

     

    オススメは、ウエストベルトですが、場合によっては腰ひもですね。

     

     

     

    使いやすいお道具で楽に着物を着て、楽しみましょう。

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | 着付け教室 | 17:52 | - | - |