東レシルックの着物・・・実際の評価
0

    JUGEMテーマ:着物 着付け

    JUGEMテーマ:お着物&浴衣

    JUGEMテーマ:普段着物のお話

    JUGEMテーマ:着物の着付け教室

    着付けレッスンの際、玄関で生徒さんをお迎えすると

     

    「今日のお着物コーディネートいいですね。」とか

     

    「涼しそう!」とか

     

    生徒さんからお褒めの言葉をいただくこともあり、

     

    とても嬉しく思います。

     

    そんな中で、「このお着物は何ですか?」と

     

    着物の素材や種類についての質問を受けることも多いです。

     

     

     

    私の着物は大きく分けると正絹かポリエステルです。

     

    綿や麻を着ることもありますが、頻度は少ないです。

     

    ポリエステルの着物にも様々ありますが、

     

    私はたいてい東レシルックです。

     

    着物の素材を生徒さんに聞かれて

     

    「シルックよ。」と答えると

     

    「シルックって何ですか?」と言われる方も多いのですが、

     

    東レさんが作っている正絹にとてもよく似せたポリエステル生地です。

     

     

     

    今日は先月お仕立てをお願いしていた東レシルックの単衣の小紋が

     

    仕立て上がりました。

     

    きれいな水色の飛び柄小紋です。

     

    コーディネートは今度のお楽しみ。

     

    今日は東レシルックって、どうなのか、本音を書きたいと思います。

     

     

     

    私は元々着物に限らず天然素材が大好きなので、

     

    初めはポリエステル製の着物に抵抗がありました。

     

    家で洗えるという良さはあるけれど、やはり正絹かなと。

     

     

     

    しかし、一度シルックの着物を仕立ててみたら

     

    便利さにはまってしまいました。

     

    汚れても家で洗えて半日で乾き、またすぐに着られるのは本当に便利。

     

    丸洗いに出したら1〜2ヶ月返ってきませんから。

     

    雨の日も安心して着ていけますしね。

     

     

     

    見た目・着心地ですが、正絹と全く同じとは言えないまでも、

     

    まずまず満足です。

     

    しなやかで体のカーブにしっかり沿ってくれます。

     

    ただし、インターネット通販で買ったシルックの中に1枚だけ

     

    ちょっとごわっとした感じのものがありました。

     

    これは相当気をつけて着ないと、

     

    ポリエステルの着物特有のしわが出ます。

     

     

     

    シルックの着物を購入する際は実際に生地を見て、さわって、

     

    しなやかさを確かめることをお勧めします。

     

    ごわっと堅い感じがするものは避けたほうがよいかもしれません。

     

    ポリエステルの着物特有のしわが出てしまうのと、

     

    胸元のおさまりが悪いのが気になります。

     

    正絹の紬の生地が張りがあってしっかりした感じがするのとは全く違うので、

     

    さわってみればわかります。

     

    別の言い方をするならば、お勧めのシルック=しっとり

     

    お勧めしないシルック=ぱさぱさ、という感じです。

     

     

     

    今回のシルックは、もちろんしっとりしなやかです。

     

    コーディネートするのが楽しみです。

     

     

    花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

    https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

     

     

     

     

    posted by: 花の衣® | きもの・着付け あれこれ | 19:23 | - | - |
    紬の着物が似合わない私が考えたコーディネート
    0

      JUGEMテーマ:普段着物のお話

      JUGEMテーマ:着物の着付け教室

      JUGEMテーマ:着物 着付け

      昔から憧れている着物の一つが「紬の着物」です。

       

      「着ればよいのでは・・・」と思われるかもしれませんが、

       

      ちょっと難しいのです。

       

      なぜなら、似合わないから。

       

      洋服にも似合う、似合わないがあるように、着物にもあるのです。

       

      着物は形は同じなので、似合うかどうかを決める要素は、

       

      色、生地の質感、柄ということになります。

       

       

       

      私は、カラー診断では「サマー」で、ブルー系とピンク系が得意です。

       

      くすみの色は似合いません。

       

      生地の質感は、綿や麻などの艶のない天然素材は似合わず、

       

      テロンとした艶のあるものが似合います。

       

      薄すぎる生地も厚すぎる生地もダメで

       

      程よい厚みのあるものがベストです。

       

      柄は、曲線が使われている柄が似合い、直線的な柄は似合いません。

       

      花柄は曖昧な感じなものがよいのです。

       

      洋服はいつもこのように選んでいます。

       

       

       

      この条件を着物に当てはめてみると

       

      艶のある柔らかものは似合いますが、

       

      ざっくりした風合いの艶のない紬は難しいということになります。

       

      でもやはり紬の着物には憧れます。

       

      特に泥染めの渋い色の大島紬や藍色の結城紬は、

       

      いつか着てみたいと思っていました。

       

       

      藍色は似合う色ですが、結城紬はざっくりしていて

       

      一見綿ぽく見えるので、私には難しいかしら。

       

      大島紬は艶々なので、もしかしたら大丈夫かも。

       

      ところが、やはり黒大島はどうやっても似合わないのです。

       

      肌の艶が失せて、とっても地味に見えます。

       

      これを似合う方が着るとお肌は艶々に見えるし、

       

      決して地味に見えないのです。

       

       

       

      そこで、こちら。

      藍色の大島紬です。

       

      とても艶がある生地なので私にも大丈夫そう。

       

      また私にも似合う藍色と水色、白の組み合わせはベストカラーです。

       

       

      一元式で細かい模様です。

       

       

      優しい色合いの博多帯・帯締め・帯揚げで。

       

       

      柄も直線が強くないので良い感じ。

       

       

      博多織の帯は薄いライトグレーの地色です。

       

       

      裏地の赤がアクセント。

       

       

      赤の裏地は少しレトロな感じがしますが、それも味わいかと思います。

       

      洗い張りなどの機会があれば、カラーチェンジするのも楽しいですね。

       

      ライトグレーとかごく淡いブルーグレーなど

       

      少しクールな色を試してみたい気分です。

       

       

       

      バッグはこんな感じ。

       

      これも着物用のバッグではありませんが、

       

      竹の持ち手が着物と好相性。

       

      洋服にも着物にも合うバッグはとても便利です。

       

       

       

      袷の季節になったら今年こそ、このコーディネートで

       

      紬を着てみようと思います。

       

       

       

      似合う着物の色や柄、生地について知りたい方はご相談ください。

       

       

       

      花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

      https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

       

       

       

       

       

       

      posted by: 花の衣® | 着物コーディネート | 22:08 | - | - |
      ハイビスカスは夏の花?
      0

        JUGEMテーマ:ガーデニング

         

        夏の間、暑さにも負けず庭でよく咲いてくれたハイビスカス。

        もう何年も毎年花をつけてくれています。

         

        この先も暑い日が続きそうですから、まだまだ楽しめます。

         

         

         

        ただし、寒さにあてるのは禁物です。

         

        9月は大丈夫ですが、朝晩が寒くなってきたら室内に入れてあげます。

         

        遅くとも10月中には取り込むようにすると、傷まなくて済みます。

         

        私はこの時に、枝を2分の1か3分の1まで切り戻します。

         

        家の中ではスペースが限られていることもありますが、

         

        切り戻すことによって枝の先のほうにだけ葉や花がつくのを避けられます。

         

        根元近くから葉が出ている方がバランスがよいので。

         

         

         

        室内に取り込んだハイビスカスは冬の間も咲き続けます。

         

        リビングの窓際に置いていますが、夜の間は暖房していません。

         

         

         

        室内にあると否が応でも目に入るので、蕾が徐々に開いていく様などを

         

        見ることもできます。

         

        夏とはまた違う楽しみ方ができるのもよいですね。

         

        せっかくなので咲いていく様子をご覧ください。

         

           

         

           

         

           

         

           

         

        満開です!

         

        夏の花の代表のようなハイビスカスですが

         

        暖房くらいの室温でも十分なのですね。

         

        夏の青空の下のほうがお似合いではありますが。

         

        花の衣®着付け教室 byアトリエ花の衣®

        https://r.goope.jp/k-kitukekyousitu

         

         

         

         

         

        posted by: 花の衣® | ガーデニング | 20:52 | - | - |